FC2ブログ
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2011-02-01 (Tue)

先月の23日の「寒鱈まつり」で、写真の店が出店していた。見慣れない「荒砥海友会」と看板が出されてあった。若い漁師さんなのだろうか、恥ずかしそうに「美味しいよ」「ホタテいかがですか」と呼び込みをしていた。
 「漁師のこころをホタテに込めて!」と、特大ホタテ焼きが一個「150円」、特大ホタテが7個で「1000円」と、漁師直送!鮮度抜群!と格安で取れ立ての「特大帆立」をアピールしていた。
 その他にも、「焼き海苔」「とろろ昆布」「ふりの」など、地場の安全で安心な海の幸を販売する、若い漁師の心意気を強く感じた。
 聞くところに寄ると、荒砥地区の漁師の後継者の長男・次男で、20歳から30歳の若い漁師さんが、荒砥地区の水産品を地元から発信しようと、結成されたという。自分たちで獲った安全・美味しい海産品を、直接販売するという、これからの漁業の在り方・生き方がここにあるように思った。
 「荒砥海友会」の皆さん頑張って下さい。
スポンサーサイト
| 未分類 | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。