FC2ブログ
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2010-09-23 (Thu)

南三陸町の「キラキラ丼」と言えば、やっぱり「いくら丼」と私は思う、あのキラキラした「いくら」の色合いからの、町の名産品としての「キラキラ丼」の発信が始まった。
 鮭の稚魚の放流による「回帰」してくる、鮭の卵を取り「醤油づけのいくら」を、秋の稔りの「お米」の炊きたての上に載せた、「いくら丼」の美味さは最高である。
 今年の夏の猛暑による、北海道の鮭の水揚げの遅れと、水揚げの減少がテレビで伝えられているが、昨今の南三陸町はめっきり秋らしく、海水温度の低下も予想され、これからが南三陸町の定置網での「さけ漁」の本番を迎える。
 豊漁と町の産品の発信は、交流人口の増加となり町の潤いとなる事を期待したい。各店の腕によりを掛けた「キラキラ丼」が今年も食べられる。
 「秋旨丼」も9月から10月の南三陸の海の幸を盛り込んである。これを賞味頂き「いくら丼」と食べてほしい。他の市町村に負けない「いくら丼」の、町内の店主には開発に取り組み、継続して発信してほしい。
 美味しさいっぱいの宮城県南三陸町へ御出ください。
スポンサーサイト
| 未分類 | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。