FC2ブログ
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2010-04-07 (Wed)

あ・ら・伊達な道の駅の人気№1が、写真の「うどん」でした。次が「にく丼」だった。№1は「米粉」の麺で、あっさりした汁に「饅頭麩」がドンと載っていた。米粉麺もさらっとした食感で、「我が町」でも同様の麺ができそうだ。器にもこだわりがあった、石の丼で他所との違いを見せている。
 レストランではその他にも「ランチメニュー」として、地の新鮮野菜の盛り合わせがあり気になったが、さすがに4時を回っていたので「売り切れ」となっていた。
 南三陸町は「海の物」という普通の感覚からの脱却も、今後の開拓の余地がある。塩味の野菜が入谷でもあるし名前はど忘れした、「たらの芽」「大ふき」「行者にんにく」なども、発信食材になる。
 他にない物の開発・発見が課題だ!「イサダ」も魚の餌以外の活用もあるのでは?と今考えている。
スポンサーサイト



| 未分類 | COM(1) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する