FC2ブログ
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2010-12-31 (Fri)

皆さんは今年の「年越しそば」どうされました? 今年から「歌津上沢」の休耕田活用事業として地域民で取り組む、上沢地区での生産された「そば」が、年越しそばの「打ち立てそば」として販売をおこなった。
 今「我が家」にもメンバーの友人が配達に来てくれた。「ゆで方の説明」を親切丁寧にしてくれた。大きめの鍋が無かったら、普通の鍋で2束を、沸騰した鍋に「30秒」でと!言う。水に浸しそばを少し洗う、暖かい「そば」なら30秒もいらないという。
 今夜は地元の「そば」で年越しそばとなりそうだ。
 南三陸町にはまだまだ新しい「産品」がある、住民皆の「地産地消」の運動をしていきたい。少し高くても「安心・安全」がある。南三陸産!
 来年も多くの「南三陸の贈り物」を紹介していきたい。ぜひ御来町をお待ちしています。
スポンサーサイト



| 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2010-12-30 (Thu)

12月になりJA南三陸の牛肉の販売が、クリスマスを迎える祝日の「天皇誕生日」にJA南三陸本店構内で開催された。突然「おらいの肉(にぐ)売ってるからいってみろ!」と電話が入った!
 入谷水口沢の首藤利雄さん康孝さん親子が育てた牛が、「第11回JA南三陸仙台牛枝肉共進会」で最優秀賞を受賞した。その「仙台牛」が今回販売された。
 こだわりの飼育方法で毎年・毎回のように共進会で賞を受賞している。とにかく牛舎と関連施設の大きさに驚かされる。
 2010年南三陸絶品「三ツ星フェア」として、今回格安に「地産地消イベント」として、開催された。こないだ石巻の焼肉店「幸楽」で御馳走になった、特上カルビが「5枚で3500円」だったが、さっと焼いて口にいれると「融ける」とはこの事なのだろう。首藤さんの仙台牛も「A5」クラスと思う。
 新鮮・安全・安心の地元農産物販売会が一緒にあり、「すき焼き」なんかどうでしょう!
 南三陸町には「美味い物」がいっぱいあります。

 昨日の「南三陸の贈り物」のブログアクセスは33件だった。昨日開催の「おすばで祭り」の参考にアクセス回数が増加したと思います。昨日は天候に恵まれ多くの来場者があり、町の市場への道は渋滞となりました。今後も南三陸町の産品、名所を贈り物として発信していきます!
| 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2010-12-25 (Sat)
29
南三陸には「中華の三代珍味」がある。アワビ・なまこ、そしてフカヒレがある。写真は気仙沼市のフカヒレの天日干しの風景です。東京の「中華食材の橋」さんの敷地には、気仙沼市場に上がった、サメのヒレがこの場所で乾燥さたフカヒレを整形し、首都圏ならず世界へ送られている。
 こうした地場独自の生産品で「まちおこし」をしている。他に真似されない製品はやはり強い。志津川・歌津地区は昔から比べると水揚げは少ないが高給食材「あわび」があり、「なまこ」も取れる。「中華食材たかはし」には私の同級生もいる、「コラボ商品開発」?なんて出来ない物か!
 地場独自の「製品開発」による、他に負けない商品化の発信で、「東の志津川」という「真たこ」のようなものや、「伊達銀」のような銀鮭養殖の地産「ブランド」も行っている。これが格安で美味い、もっと宣伝発信をしていきたい。
 南三陸町の「食」が今大爆発中です、是非おこし下さい。29日9時から市場で「恒例おすばて祭り」が開催されます。
| 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2010-12-19 (Sun)

先頃開催された交流会の「懇親会」が、「中華料理ときわ」さんであり、私も参加させてもらった。会費制という事で数千円ながら、南三陸町志津川の唯一の中華店で、コース?の料理に満足の晩ご飯となった。
 独身の私にとって大好物の「中華」、春巻き・鶏とじゃがいも?のピリ唐煮・前菜もあり、焼そば・あんにん豆腐があり、定番の「えびチリ」は、大人気の商品です。
 これから「クリスマス」「正月」の、中華セットもいつも予約を受けている。たまには「中華で正月」なんていかがでしょう!
 南三陸町の商店での商品で「お正月をしよう!」。
| 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2010-12-15 (Wed)

一昨日の私の「酒のさかな」です。地元の魚6品盛りが「千円」に50円の消費税で食べられる。こんな豪華な晩酌の「おつまみ」はないだろう。
 南三陸町は魚は美味いし海も綺麗で釣りもできる。「将来はこんな所で暮らしたい」と言う!こんな人が多いと飲食に来た人が言っていた、と飲食店の店主は言う。
 魚は高いし・・・・と言う声もあるが、こんな激安豪華刺身盛り合わせもある。こんな南三陸町の穴場を教えますヨ。まずは南三陸町の散策をお楽しみ下さい。
| 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2010-12-13 (Mon)

寒さとともに写真の魚が、南三陸町内のあちこちの漁港で釣れ、群れを成し志津川湾を回遊している。「チカ」という魚で、「わかさき」と比喩される。
 味には変わりなく場所によつては「100匹」も釣れると言う。寒さの中での釣りながら、天気の時は「のんびり」と家族で楽しむ事ができる。
 やはり「フライ」にして食べると美味しい。魚屋さんでは良く焼いた形で売られている。卵の入った大物は小骨があるが、卵が美味い。できれば腹の膨らんだ物を選んでほしい。200~300円で10から15匹は入っている。
 何処にでもあるが、釣りたては間違いなく美味しい。
 南三陸町の12月の海も又たのしいよ!
| 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2010-12-10 (Fri)

子供たちの郊外学習の風景がテレビで流れていた。石巻市十三浜での漁港での「耳つり」の作業だった。町の水産業の社会体験は、後継者の一助でもある。
 親の働く姿に「大変だ」「上手く行かない」「難しい」「寒い」と、口々に子供達はいう。こうした作業を経ての「南三陸町産のホタテ」は間違いなく美味しい。
 寒くなり「耳つり作業」は来年への、養殖の準備です。魚屋さんの店頭では、100円120円150円180円200円など大きさにより分別され、用途により買い求められる。200円を超えるホタテの大きさにはビックリする。
 取れ立ての「南三陸町産帆立」を、地元で是非ご賞味下さい!
| 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2010-12-06 (Mon)

今年の「秋鮭漁」は例年半分ぐらいの水揚げだが、魚屋さんでは三枚におろした物を良く眼にするようになった。
 行きつけの「魚屋」で、その袋の持っていって!と、見ると半身の鮭の切り身だった。小さいと思いきやでかい!8等分は出来た。「ころも」を付け油でこんがりと「ソテー」に。
 テレビでも「石狩鍋」「鮭鍋」など放送され、旬の味と全国的で食べられている。今は大根・人参・白菜・芋・ゴボウ・・など、多くの冬野菜と一緒に煮て、味噌味が私は最高の鍋と思っている。
 ただでくれたら「ラッキー」な、南三陸町の「秋鮭」を御賞味下さい。
| 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2010-12-05 (Sun)

蛋白なドンコは、汁物にすると身が融け出て、汁が身と混じりドロドロとなる。家庭によって異なるが、余り煮すぎないのが美味さのコツとも言える。煮ても食べるが身が柔らか過ぎて、魚もグロテクスである。
 しかし。写真のようにお腹に「味噌」「やくみ」を入れ、こんがり焼けば「肝と味噌」の濃厚さが生まれ、淡泊さも味噌により甘く、焼くことで香ばしさも出る。
 写真の宮古市でのこの料理は、南三陸町でもあるようだが、今まで食べた事がない。小骨も取ってもらえると私としては「最高!」と思う。
 南三陸町の「民宿」でお願いすれば、食べられるかも?
| 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2010-12-04 (Sat)

今年の最後の穴子釣りに2匹釣り上げた魚が、これと同じ魚だった。
 どんご・鈍こ・とも言う。正式名称は「エゾアイナメ」で、三陸海岸に多く生息する。朝の「生サラダ」のテレビで、盛岡から宮古の浄土が浜が紹介され、リアス式の独特の隆起起伏の海岸線が、テレビで紹介された。昔の海岸線の道路確保を、火山岩の固い岩を人力の手掘りでという。2時間のルートでの「トレッキング」でのガイドの説明だった。
 写真の一本丸々の「どんこ焼き」、その秘密が腹に隠されていた。
 つづきは又! 南三陸の魚が美味しくなってきている。 是非おいで下さい「南三陸町」へ!
 
| 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2010-12-03 (Fri)

先月の末に新井田のガード下に「浜の屋」さんがオープンした。
 また一つ南三陸町に店が誕生した。ドランブスルーの形態により、帰宅時に気軽に「焼き鳥」を買える。景気の悪さばかりが語られるなかで、「町起こし」の、一歩とも言える。
 店内は大漁旗が飾られ、「各種焼き鳥」「かきフライ」「海鮮サラダ」などがあり、「ラーメン」「はっと」が又うれしい。ビール中も「380円」だった気がする。もう既に2杯で酔った。
 地元での「地産地消」の精神は、南三陸町を守る事になります。小さな努力の積み重ねで!
| 未分類 | COM(0) | TB(0) |