FC2ブログ
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2010-10-30 (Sat)

コープから物を買っている方への「エイブル」という、月刊誌に産直志津川湾産「生かき」が紹介されていた。今年のチリ地震津波の大きな影響・被害を受けたが、県漁協志津川支所カキ部会の遠藤会長と、佐々木副部長が、カラーで志津川湾産の「生かき」を笑顔で紹介していた。
 地元消費もあるが、県内・県外への「志津川産牡蠣」の発信は、漁民の大きな願いであり、価格が高くても「食べたい!」と、こんな気持ちに消費者をさせたい。
 おいしいレンピに「かきとチンゲン菜のオイスターソース炒め」が紹介され、定番の「かきのクリームシチュー」があった。かきの歌を思い出す。「かき・かき美味しく食べーヨー!」である。
 私的には「カキフライ」が食べたい、後は「かき酢」「かき鍋」がイイ。
 今夜は「南三陸町産」の牡蠣を食べてみませんか!
スポンサーサイト



| 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2010-10-28 (Thu)

「地商地買」の精神を持ちつづけている。昨日はみうら魚屋さんからかつをと、佐長酒店さんからビールを買い、サンライズクラブの「田舎くらし」の歓迎会がありました。
 自宅から持ち寄っての宴会、「鮭の親子丼」が美味かった。会長さんの奥さんお手製の、紹介写真撮るの忘れてました。
 佐長さんには「樽のボージョレー・ヌーボー」が置いてあり、樽からビンに移し売るという。直接の樽からの販売は聞いた事がない。空気に触れる事なく美味しいと奥さんが言う。新聞でも紹介されてた樽売り、美味しいワインを飲んでもらいたいとの店主の願いからだろう。
 レジにて「ビワミン」も試飲できた。
 観光客の方も是非寄って欲しい、南三陸町の酒屋さんです。
| 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2010-10-27 (Wed)

余りの寒さに昨日は「なべ焼きうどん」を晩ご飯に食べた。
 身体の芯からの温まりをもらった。私の同級生のお母さんの店が「豊楽」さんでの、今年初めての「なべ焼きうどん」だった。
 町内でも多くの店が鍋焼きうどんを提供している。今年の冬は何件のお店を制覇しようか?
 チョット早いが「温かい物」が恋しい季節となった。鍋のもがイイ、「かき鍋」「すき焼き」など、私の口に合う美味しい店を今後紹介していきたい。
 また太っちゃう! 南三陸町の海の「かき」も先月の28日から始まった。豊楽のお母さんの亡くなった旦那さんも、カキ養殖をやっていた。「昔は1年で大きくなった牡蠣だが、今は三年の係る」とお母さんは話していた。
現在は「養殖」はしていないと言う。多少の海の状況変化もあるが、「美味しい!」には間違いがない。
 宮城県南三陸町志津川の牡蠣を「カキ鍋」をぜひ御賞味ください!
| 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2010-10-26 (Tue)

今多くの種類の魚が、「さかなや」さんの店頭と並んでいる。寒さと共に脂ものり美味しく、そして南三陸町の魚は安い。
 写真は「イナダ」です。結構大きなサイズですが、1尾100円は安い! 丁度店内に山形県からの観光客が入ってこられ、「山形まで大丈夫ですか?」の問に、「朝上がったばかりだから氷入れるから大丈夫」と優しい声が返って来た。
 こないだ私も南三陸町歌津地区の友達から「イナタ」をいただいた。刺身によし、焼いてよし、「味噌煮」はチョット甘めに炊くとと、抜群に美味い。
 今は小さいが「出世魚」であり、大きくなると「ブリ」となる。是非ご来町の折には買い求めてもらいたい。
 宮城県南三陸町の「旬の魚」は今が最高に美味い!
| 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2010-10-18 (Mon)

南三陸町入谷地区で見た風景です。今年の稲刈りも終わりと近づいている。国道沿いの道路脇にこんな大きな「はせがけ」があった。やはり米は「天日干し」が美味い。
 今年の猛暑は東北以北での「21都道府県」で、一等米が減少し! 出来が悪く価格も安いと報道されていた。「我が家」でも新米を食べたが、おかずなしで「米が甘い」と「美味しい」と感じる。
 宮城のササニシキが主体だが、現在は「秋田小町」「ひとめぼれ」などが、多くなっていると聞く。農家の米への情熱と土づくりの土壌が、米の美味さへとつながる。
 南三陸町の美味しい米「三陸米」、ブランド米をぜひ御賞味下さい。我が家では30㎏を3俵すでに買いました。やっぱり等級の低下なのか安かったが、旬の「さんま」と共に食したが、最高だった!
| 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2010-10-15 (Fri)

24日は南三陸海岸の気仙沼・本吉地方の「第27回産業まつり」が、気仙沼市魚市場を会場に大々的に開催される。南三陸町からも多くの商店が出店する。
 今は「もどりかつお」が脂が乗っていて美味しい。南三陸町の魚屋さんで買い求めた、分厚い脂の乗った写真の刺身、20切れと生姜の固まりが入っていて、「400円」とお得でした。
 日曜は気仙沼市ならではの「ジャンボのり鉄火巻大会」「マグロが当たる企画」など、満載のイベントが用意されている。
 水産・商工・農林・林業・鉄工や、「南三陸町コーナー」として、タコヤイクラなどのキラキラ海産物がいっぱい!だ。
 是非、南三陸町のブースに集合!お待ちしております。
| 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2010-10-14 (Thu)

こないだ町内の魚屋さんを覗いたら「キズさんま50円!」、見ればキズ何処にあるの?と思うくらいの物で、店員さんは普通の物と変わらないヨ、と言う。
 今年は「さんま不漁」で当初は1000円位もした時期もあった。今年はさんま高くて余り食べられないと思っていた。現在でも大きい物は「180円」、小さい物でも「120円」はする。
 10尾(写真)を買い求め、刺身は無理としても、「焼き」「煮物」「揚げ物」と、色々して食べたが脂も「三陸産」とあり、程良く美味しく食べた。
 この辺は気仙沼が主だが、「女川」にも値段が高いと、漁船は多く上げていると聞く、地元の市場でもこないだ水揚げになつたと新聞が報道していた。
 南三陸町産のさんまも是非食べてもらいたい!
| 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2010-10-09 (Sat)

南三陸町は酒のつまみ「おすばで」には事欠かない!魚屋さんを覗いたら美味しそうな「さんまの刺身」など、今が旬の海の幸が沢山並んであった。
 この中に美味しそうな「イカ」があった。15㎝ぐらいの「ひイカ」とこの辺では言っていた?甘しょっぱく煮込んでいたもので、15枚入って「200円」で買えた。安い!
 南三陸町の市場では小魚も多い、アジ・サバ・イワシ・・・など、獲れ立の物は、酒と砂糖と醤油と水で煮込む、簡単でこれがまた「酒のつまみ」として最高である。骨まで食べられ「カルシュウム」としてもイイ。
 南三陸町へ来たら「魚屋」さんを覗くと面白い、こないだ巨大な「かじか」が、500円に販売していた。何にしても美味しいヨ!と若い店員さんが話していた。
| 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2010-10-05 (Tue)

気仙沼大川でのサケの捕獲・採卵・孵化へ、そして放流のサイクルが始まった。テレビでの採取の姿があり、今年の初水揚げは「180本」とか言っていた。
 北海道での9月の海水温の高い推移により、サケの遡上も心配されたが、大川のサケの水揚げは昨年と同じ位と予想をしていた。南三陸町も本格的な「秋サケ漁」となる。
 南三陸町の秋鮭は「刺し網」による水揚げがもう始まり、南三陸町市場には少しづつだが、顔をみせていると聞いたのは一週間前だった。
 2年前には友人から「メス鮭」を1本5千円で買い求め、一本で「はらこめし」を作り、本体のさばきで指を切った事を思い出す。もう一本も「はらこ」を取り冷凍した物を、半年後に「イクラ」の醤油漬けにしたが、美味しかった。
 南三陸町の秋鮭の一本買いで、色々な料理に挑戦しては? これからが本番!
| 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2010-10-02 (Sat)

9月の半ばとなり、猛暑からのおさらばとなった途端、寒さが加速し夜は少しのストーブが必要となった。そんな時は身体の冷えを防ぐための、熱々のそば・ラーメンの美味しい季節となりました。
 最近は町内の飲食店さんの「タンメン」「野菜ラーメン」「五目ラーメン」にはまっている。その火付け役店は、大門さんのタンメンだった。野菜たっぷりに「タマゴ」がイイ、茹でタマゴではなくかき混ぜ流し込まれ、野菜と共に混じりあい、ラーメンの上に載る。初めて食べたときの「満足・絶品感」を今も思う。
 その後は、「東さん」「豊楽さん」「そば処はがさん」など、この種の温かいラーメンをお昼に食べている。なかなか外食は決まり切ったものだけを注文していたが、趣向を変え皆さんにも味わって欲しい。
 町内の他の飲食店さんのも、今後食べてみたいという衝動に今ある。
 観光客の皆さんにも、南三陸町の自然、海の幸と共に、町内のお店もぜひ散策してもらいたい。南三陸産の野菜が多数入っているかも?スープが決め手ですね。
 
| 未分類 | COM(0) | TB(0) |