FC2ブログ
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2010-05-30 (Sun)

日曜の久々の好天に誘われ、歌津「田束山」にヤマツツジの群生を見に出掛けた。先週の日曜の「本まつり」では小雨と濃霧で行く事を断念したが、今日は多くのお客さんと車が山頂を埋めつくした。
 平地からの山頂のピンクに萌えた姿が伺える。それほどの群生という事になる。今まさに満開といった感じとなっている。歌津側からの道路は整備され、山を縫うように上り、そのツツジと新緑の自然のバランスに目を奪われる。
 山頂までは車でも行けるが、四阿までの上りは以外と応える坂だった。車でも行けるが道が狭く交互通行となっている。ツツジとリアス式海岸が同時に望める最高の日和となった。
 帰りは小泉側へ落ちたが道幅が狭く、交互通行が大変だった。来週は「徳仙丈山のツツジ」を見に行こうと思っている。南三陸の自然美を是非!今が見頃で後一週間で終わりかな?儚い花の輝きはイイ!

スポンサーサイト



| 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2010-05-29 (Sat)

歌津地区は昔から遠洋漁業の乗り組み員を多く送り出している所です。
 町の歌津地区のイベントは「海難遺児チャリティー」として、「かぶと焼き」が来場を迎え、焼きたての即冷凍の新鮮な「まぐろ」?を販売しています。
 不慮の事故で親を亡くした子供達への支援活動を行っています。名称は「歌津海友会」と言います。
 しろうお・ホタテ・カキ・・・新鮮な、海産物で「観光客」「来町者」を出迎えます。漁師の意気と優しさが沢山ある。人と産品の「人情溢れる地区」です。
 南三陸町は「志津川町」と「歌津町」の合併で誕生した町です。歌津へ足を伸ばすと、また違った「南三陸町」が楽しめます。次は歌津産業フェアか浜恋いまつり、かな。
| 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2010-05-28 (Fri)

小さな「しろうお」がこんなに多くの観光客を町に運んでくれた。地域の活性化を図り若い商工青年部が企画、先輩商店主の応援をもらい、今年で2年目となる「伊里前しろうおまつり」。
 歌津全地区民・中学生での、来町者へのおもてなし、アイデア・企画満載の「しらうお祭り」でした。
 まだ、買うことができます。伊里前川の「うたちゃん橋」の下で漁をしている人がいたら声をかけて下さい。伊里前の通りの「大沼商店」さんでも、前に販売していたようです。
 今週は「田束山つつじ」が見頃です。あいにく週末は「くもり空」ですが、二つの「南三陸の贈り物」に出逢いに来て下さい。目でも口でも楽しめます。
| 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2010-05-27 (Thu)

23日の日曜に歌津地区伊里前の商店街で、「第2回しろうお祭り」が開催された。写真が「しろうお」です。
 歌津伊里前川に遡上し「ザワ」という独特の仕掛けにより、捕獲かくする「漁法」です。当日は「しろうお弁当」「しろうお吸い物」などの料理がありました。
会場での「しろうおおどり食い体験」もあり、大人から子供まで「いろうお」を味わった。私は「お汁」にして食べる事が多いが、「天ぷら」もいけます。
 今年は寒いせいで、獲れるのが遅れている。旬はこれからお早めに、南三陸町の自然の味を堪能下さい。
| 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2010-05-22 (Sat)

また嬉しい季節となりました。野山には竹の子が遅れてはいるものの、もらいきれない程の「竹の子」が届けられます。
 そんな中での新たな丼の発信、「南三陸キラキラうに丼」です。町内の飲食店さん7件が独自の「うに丼」を製作し発信しています。
 春の汐風を感じに、磯の味を「うに丼」で体験してみませんか! 店独自の味々を是非お楽しみ下さい。
 今日はどのお店に行きましょうか?宮城県南三陸町へお出掛けください!
| 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2010-05-17 (Mon)

今年もやっと初物の「竹の子」を、採取し食した。取り立ては「香り」「味」ともに最高だった。
 こちらも天候不順で1週間から2週間遅れている。もう南三陸町の山々は山菜が乱れ生えている。昨日は「みず」のおひたしが美味かった。
 「竹の子」は焼いたり・煮たりして、味噌で食べたが新鮮ゆえに間違いない。竹の子・味噌・山椒の葉で、春の旬をいっぱい味わった。
 究極は「竹筒」での「竹の子ご飯」、「竹の子味噌汁」だ、手作りの竹筒にご飯・竹の子・椎茸、それだけを炭火で炊いた。絶品であった!
 あと1週間は楽しめそうだ。今が旬の南三陸町の竹の子です。
| 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2010-05-16 (Sun)

写真は徳仙丈山の入口です。新緑の山に木々の間の緑がツツジの今の状態です。
 南三陸の観光地として全国の「ツツジ名所」に上げられているのが、「徳仙丈のツツジ」です。この素晴らしさを全国に見せたいと、立ち上がった人達が長年取り組んだ姿が、遠くから多くの観光客に結び付いています。
 15日の「山開き」には、気仙沼市の関係者が多数集まり、安全祈願と入山の「テープカット」がされました。
 新緑の今から「真っ赤に萌えるツツジの山頂」へと、これから変化していきます。30日ごろが見頃と言っていますが、今年は少し遅れていると聞きました。
 志津川からで登山道の入口までは1時間で、山頂までのツツジの林と色鮮やかさに、感動する事は間違いがありません!正に南三陸の贈り物に相応しい場所と言えます。
 30日ごろの同じ場所からの風景を紹介したいと思います。お楽しみに!
| 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2010-05-15 (Sat)

また「特産品発信」です。
 今日・明日と戸倉の折立の「アサリ開口」となる。戸倉中学校の下にケンズさんの、たこやき三太の「モアイ店」がある。戸倉海岸パーキングの前とあり、潮干狩りの駐車場へ止めた人たちが、お土産を買いに訪れている。
 写真は「たこやきねぎマヨ」?です。私の口にはビッタリとあった、4品の一つです。焼きたての「たこやき」ならもっと美味かったと思う。「モアイ店」は志津川産のたこを使用している。
 町の新たな発信です。今日は家族連れで「戸倉折立で潮干狩り」なんてどうですか!天気も良好・気温も20℃らしく、最高の日和です。戸倉小の運動会とあり、人出は少ないかも?チャンス。
 そんな南三陸町へ是非お出掛け下さい。
| 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2010-05-13 (Thu)

最近になり「南三陸の贈り物」にアクセスが多い。山野の風景と恵をこの頃、紹介しているが伝わっているのだろうか。また親友から「シャメ」がきた。
 野山で見つけた野生の「みつぱ」だという。昨日は「竹の子」も我が家に届けられた。新緑もそうだが山菜も遅れぎみながら、「野山萌えゆ」である。
 山菜が食べたいなら「さとみ」さんかな、おかあさんの摘んだ山菜出会えるかも。
 まだまだ、「田束山つつじ祭り」もあります。南三陸町の大自然を満喫して、出掛けてみませんか!
| 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2010-05-11 (Tue)

先週末に「行者にんにく」の我が家の家庭菜園にて、収穫をしました。
 山菜の王様として先週に北海道で自然に樹生している「行者にんにく」の、採取と料理を放映していました。茎の太さと大きさ、天然物は違っていました。やはり「天ぷら」を紹介してましたが、色々な食べ方を地元の人が、料理してくれました。
 私は3本の若葉の内1本を、8本から1枚づつ収穫した。地元の「プロの生産者」からの指導では、これをしたら来年は伸びないです。と言われたけど待ちきれず実行した。
 私の菜園の山菜は、生でかじったらやはりにんにくの味、天ぷらはクセがなく美味しくいただけました。
南三陸町の特産品「行者にんにくの加工品」の製作を早く完成しないと、いけない!
| 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2010-05-09 (Sun)

「南三陸潮騒まつり」で昔ながらの味を伝承している店を見つけた。「高貞菓子店」さんです。入谷童子下に店を構え、古くから営業している、入谷地区の「老舗」です。
 「がんずき」「バナナ焼き」「あんドーナツ」「味噌パン」など、50年も前から続く、御菓子が今も作られ販売している。たまに食するが「ホッ」とさせる優しい味です。
 現在は入谷の店以外には、マルセン南町店や入谷産直売所で販売しています。南三陸町入谷の味として今も、多くのファンの根強い人気に支えられています。
 是非、古き伝統の味をご賞味して頂きたい。町を訪れの時は「どうぞ、召し上がれ!」。
| 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2010-05-07 (Fri)

ゴールデンウィークも終わりとなったが、南三陸町の歌津「漁竜館」の高橋さんの「ウニ丼」は相変わらずの人気をはくしている。勢い通りの「てんこ盛り」のウニに、リピーターのファンが多くある。
 私もその一人で「初の体験」では、ホッペが落ちるぐらいの、ウニの甘さと満足感でいっぱいだった。取れたて剥きたて新鮮うには美味いに間違いはない。
 これから本番となる「南三陸産のウニ」、むらさきウニの味は独特のものと思っている。南三陸町飲食店組合も「キラキラ丼」で「うに丼」をアピールしている。
 是非ご賞味を!
| 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2010-05-05 (Wed)

知人から「シャメ」をもらった。何かと思って見ても「なにか?」解らない。添えられた言葉に「せり」とあった。野生の山菜であり、見るとその野性味と新鮮さが伺える。
 一人の大先輩い電話したら、奥様が「山に行きました」という。今は山菜が南三陸町の山野のあちこちで芽吹き、山をこよなく愛するものには、新緑を楽しむ他に「御褒美」がいっぱいある。
 「南三陸潮騒まつり」の最終日、こどもの日とありイベントが満載です。今日は私も南三陸町の全域、北から南への横断し「我が町」を満喫したいと思います。
 気温は21℃と初夏を感じさせる気温です。きっと大混雑でしょう!
| 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2010-05-04 (Tue)

「殻付きほや」が今はブームなの?南三陸「潮騒まつり」2日目今日も晴天に恵まれ、神割崎で南三陸・北上の海の幸や地元の産物が、地元商店により販売され、各種イベントもあり多くの行楽客を迎えている。
テレビのまつりの紹介では、産品として「殻付きほや」が、袋詰め放題で写っていた。殻付きホヤは処理が大変と思ってるが、最近人気が高い。中の海水を利用して「ほや塩」などの製品化へも取り組まれている。
 「海のパンナップル」として紹介されているが、独特の癖を嫌う人が多かったが、料理の仕方の改善により、ファンが増え続けている。昨日も「アボガドとホヤを特製ソース」で石巻?ホテルが紹介ていた。
 明日までとなった「南三陸潮騒まつり」に是非お出掛け下さい。明日も晴天で温かいです、ドライブがてらどうですか!
| 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2010-05-03 (Mon)

南三陸町志津川十日町でビデオレンタル・写真・本販売をしている「ケンズ」がある。昨年より「大阪やき三太たこやきチェーン」を始めた。
 新たに戸倉中学校前で「南三陸モアイ店」を開店、「元祖志津川たこやき」をはじめた。志津川はマダコの全国でも有名でそのタコをチェーン店の、たこやきに入れる許可を得て始めたという。
 地場の名産品とのコラボです、是非皆さんも味わって欲しいと、ケンズ社長は話していた。今は戸倉折立海岸での「潮干狩り」で週末の開口日には、戸倉海岸パーキング前とあり、多くのお客さんの話題となっている。
今後の開口は5月は15・16日で午前9時30分からと10時からの2時間です。2つの穴場へ南三陸町戸倉にお出掛け下さい。
| 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2010-05-02 (Sun)

昨日2回目の潮干狩りに出掛けて来ました、前回は大雨の次の日とあり増水で収穫は今ふとつだった。この日は天気も良好で温かく家族連れの親子も多数、折立の場所に集まった。
 磯では多く採るための方法を漁師のお母さんが話していた。「余り動かない事」だという。在りそうな場所を探している時間が無駄だという。2時間という限られた時間での採取、有効にアサリを採る手段と思った。
 この日の帰り際で知った。しかし、1時間45分で2.7㎏も採れた意気込みのせいたろう。2軒にお裾分けができた。今日も晴天で18℃家族で潮干狩りはどうだろう。大人1000円子供500円だが楽しめて元は採れそうです。
 心得は10時からなので10分前には行く、余り場所を選ばず、ゴム手袋をもつ、勿論長靴を履いていこう。これで楽しい一日になります。
 宮城県南三陸町「戸倉折立海岸」の潮干狩りへ、奥松島は込むので三陸道を一走り、春の風景を見ながら是非うぞ!
| 未分類 | COM(0) | TB(0) |