FC2ブログ
2009-08-31 (Mon)

今日の鍋は「民宿あらと」さんです。店主の橋くんは同級生で、民宿組合の会長?だった気がします。「梅太郎のホヤ」は地元でも有名で、何処でも養殖するようになっていますが、初期の生産者です。
メインの食材は「しゅうり貝・かき」と書かれていますが、ホタテも入り貝づくしの「漁師鍋」です。フランスのムール貝です?ムラサキイ貝?などと言われますが、私は「ジェンテケッコ」とか言ってました。
 とにかく「美味い」、きっとイイだしが出ています。どうぞ!
スポンサーサイト



| 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2009-08-30 (Sun)

10月から12月まで南三陸町の民宿では、独自の「漁師鍋」で「仙台・宮城伊達な旅」へのキャンペーン企画を考案し、チラシを作成し第2弾DCの後押し・発信を行う。
 写真の「民宿向」さんの海鮮鍋です。カキ養殖で良質のカキの生産をしている。地場の魚にこだわり、これらを鍋にとじ込めた。写真の魚は「アイナメ?」、白身はカレイ・平目・どんこ・イナダ・めばる・くろソイ・すずき・・・・など、地魚に多いので、その日の水揚げにより違う。これが又よいダシとなる。
 先日訪れると、タナゴ・カレイを今日取り「お膳」に載せました。と聞く。主人の意気込みです。
| 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2009-08-29 (Sat)

田束山の麓の上沢の田んぼです。この日は23日もうこんなにも稲穂が出ている。でももう少し頭を垂れてと思った。今年の「冷夏」の中でこんなにも頑張った!
 豊かな田束山からの水が伊里前川への流れ込む、豊富な栄養分のわき水が水路を行きよい良く流れていた。毎年知人の上沢の米を食している。
 「南三陸米」ブランド米をJAでは、推奨している。
 子供達いっぱい食べて大きくなって!
| 未分類 | COM(0) | TB(0) |

2009-08-28 (Fri)

写真は「頭を垂れる稲穂かな」です。保呂毛の入口に開けた土地の「田んぼ」です。今年の「冷夏」が心配されたが順調な生育と、宮城の米の実情が発表された。8月の日照・低温度は今年は「冷害」を予想させた。
 保呂羽山からの水のお陰かなと思う。「保呂羽の水」は今だに地区民の飲料水として、飲まれている。実に美味しい!
 この自然の豊かな水が、米を守り美味しくしているに違いない!
 かかしも笑っている。
| 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2009-08-27 (Thu)

町内の「居酒屋いしだ」さんにリクエストして、出して貰った。さすがプロの塩加減・焼き加減は違う。初物「秋刀魚塩焼き」は最高でした。
大根おろしと醤油をたらり、この日はさんまの食通が勢揃いした。最高は腹の内臓だという。残す所は頭・中骨・尻尾が食通の常識らしい。別角は始めに腹の部分への食いつきには驚いた。この日の食通は3人で、2人は食のマナーを教えられていた。
 三陸沖にさんまがどんどんやってきている!内臓の旨さは新鮮さにある。
| 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2009-08-26 (Wed)

地域の推進新産品に写真の「小かぼちゃ」はどうだろう。Yショップ大森屋さんで見つけた。入谷の産直品で、山内さんの野菜です。
 昨晩の食卓にのぼり、ホクホク感と甘みもあり、美味しくいただきました。商品開拓・ホテル・民宿での独自料理の開発などで試作し発信は面白い。
 遊びごころの商品への取り組みが今欠けているように感じる。料理の好き・食べる事の好きな私は、ついつい思いを巡らせてしまう。
| 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2009-08-25 (Tue)

「夜釣り」の後は「たけや」さんのラーメンが食べたくなる。夜中までの営業が有難い。
 旧魚市場の海岸近くに位置し、宴会の締めに町の人達は「たけやに行ってラーメン食うが!」が合言葉になっている。この日も11時近くなのに、お客さんが後から後から状態で満席に、ビアガーデンも最終に近く「ドッと」流れて来たのだろう?
 メニューの黒板には刺身「さんまのヌタ」があり、食べたかったが仲間の希望で「たけやの餃子」を注文、一口コクがあり町内では無い味に感動した。これも隠れた一品と思う。
 まだまだあるよ南三陸町志津川の「穴場」が!
| 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2009-08-24 (Mon)

南三陸市場に曲がる角に「大森屋」さんがある。現在は「Yショップ」として営業をしている。
 昼弁を買いに行くと「産地直売」の手作りの張り出しを見つけた。そこに入谷山の神平の「山内さん夫婦」を見つけた、前に大変お世話になった方で、今は農家で色々な野菜を作り、販売している。
 「カボチャのこれ美味いんですよ」と声を掛けられた!農家の皆さんのこうした努力が、町の食の支えとなっている。
 来店していたおかあさんが、「こないだ食べたら美味しかったよ」と話す。店主も「とうろるこし置いたらお客さんに大変好評でした」と聞く、「産地直売」いま世間が求めているものです。
| 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2009-08-23 (Sun)

今年の初物「さんまの寿司」をいただいた。実に美味い!
 2.3日前に女川港に大型さんま船が入り、大量のサンマを水揚げした。価格は初値にしては安いが今の社会の現状では丁度良いと、市場関係者がいっていた。昨年の重油の高騰の中での、漁業は悲惨なものとなったので、採算の合う価格でも漁価になって欲しい。
 石巻での食事だったが、南三陸でも鮮魚店の店頭にもあるはず?早く今年の新鮮ピチピチの「さんま塩焼き」が食べたい。
 さんまのにぎりには「小骨」がなかったのが、妙に不思議?
| 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2009-08-22 (Sat)
昨日の晩ご飯は「宅の店」さんにしばらくぶりで行ってみた。
 学生だった頃にはよく出かけた、「みなと座」の隣の店だった。昔の面影いっぱいで、席に着きほっとさせられる。息子さんと・お母さん?が「きりもり」をしていた。
 「親子うどん」を注文し食した。「あっ!」また写真をとるのを忘れた、食い意地の強さに負けてしまった。自分の食事管理が必要とされる身体ゆえの事だが、南三陸町のお店と食べ物を紹介できるのが、また嬉しい。みなさんも「昔さがし」なんかどうですか?昔お店のお母さんには絶対会っていましたネ。
| 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2009-08-21 (Fri)

たまに「牛タン」が食べたくなる!わざわざ仙台の牛タン焼きの名店には行ける訳もなく、近場の「登米のター坊」さんに出かける。
 北上川の畔にあり「ウナギの東海亭」の近くにるター坊、志津川産の「かきフライ」やタコ・ホタテなどが、お奨め品に書かれてある。
 先頃のご法事に「うなぎの蒲焼き」がでた。「皮が固い」これは違うと食べずに持ち帰った。やはり身も皮も「ふっくら」、甘さ控えめが嬉しい。蒲焼きは「山椒で」、白焼きは「わさび」である。
 南三陸町志津川の「アナゴ」で町おこしなんて面白いとおもうのだが、誰も食いついて来ない?!
| 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2009-08-20 (Thu)

先頃テレビで「サラダらーめん」なるものが今ブームとなっている。と伝えられていた!志津川にもそれに近いものを店で出している所がある。
 黒崎の「カフェG」さんです。ネーミングこそ違え数回食したことがある。麺の上に野菜がたっぷり、おまけに「志津川タコ」も入っている。汁はめんつゆプラス酢?のようなきがする。そば・冷麺・ラーメンがあったようです。
 北海道のある店がこのブームに乗ろうと、ちじれ麺を開発「サラダらーめん」にどうぞ!と展開していた。南三陸町の新鮮野菜とのコラボ、素晴らしいアイデアで「町特産」なんてどうかなー?テレビではごまだれベースだった。
| 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2009-08-19 (Wed)

食に卑しい私が絶賛するのが「しお彩」さんの「鳥唐揚げ黒酢あえ」です。水菜がいっぱい添えられ黒酢が野菜で和らげられ、写真も撮ることを忘れています程美味しい。
 昨日の宴会オードブルでマルセンさんの物にも、鳥唐揚げに黒酢があえられていた気がした。酢は身体に良いと常々言われている。油っこい物を中和してくれるのか?53過ぎた私の身体には丁度いい。地元の野菜にもこだわった。商店主に拍手です。
 まだまだ南三陸町には、隠れた知られざる「絶品」がある。
| 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2009-08-18 (Tue)

夏場は「ビール」です。そして一休さんの「焼き鳥」がまたあう。
 四季を通しての「一休の焼き鳥ファン」でも私ある。最近は「おまかせ」でその日の良い材料を「親方」にお願いしている。それが又バリエーションに混出ていい!
 鶏肉の大きさ・ネギ間・軟骨・砂肝・・・・・総ての食感がたまらなく、ついついビールを余計に消費してしまう。聞くところによると先代が伏せっているこの事、カウンターにいた親父さんとおふくろさんの顔を思い出す。世代が変わっても「一休の味」は生き続けていますよ、安心して下さい!
 
| 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2009-08-17 (Mon)

写真は私の大好物の「辛子明太子おにぎり」です。最近は価格競争の時代、1ヵ月に一回「100円」セールがセブンイレブンで開催している。
 そんな中で「銀しゃけ」が「しゃけ」のかわりか?発売されている。通常135円であるが特価の時は好んで「銀しゃけ」を購入する。実に美味いし飛ぶように売れている。
 南三陸町の「銀鮭」も順調に水揚げ安定価格で推移しているが、この銀鮭がおにぎりの「具」になっている気がしてならない?銀鮭の塩引きもまた美味しく格安。是非ご賞味あれ!
| 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2009-08-16 (Sun)

もっとビジュアルの美しく、新聞より携帯に取り込んだものです。すみません! 
 この「山清」さんの「長ーいエクレア」との出会いは、両親の米寿の祝いの席での、義理の叔母さんさらのプレゼントでした。
 長いスポンジにクリームと何種もの季節の果物を盛り合わせ、見た目の話題性と味も集まった子供たちには大好評でした。
 ロウソクを立て吹き消す「両親」の姿に感動です。家族の節目の祝いには「地元」のケーキは嬉しいことで、地元から話題性を発信に自分たちで「活性の輪」を広げましょう。
| 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2009-08-15 (Sat)

友人に勧められ「行者ニンニク入りカプセル」を飲み始め、4ヶ月ぐらいが経つ。
行者ニンニクには「血液さらさら」にする効能があると聴き、飲み始めたが効果は?と思いつつもすでに「250錠」は不定期に続けていた。生活改善にも取り組まず「不摂生」な生活では血糖値も下がる訳がない。山城新伍さんも「糖尿病」で死んだ!
 寝る前の足先に走る「ジンジン」感、不思議と今は感じなく眠っていた。ある人は膝の痛みが消えたという。やはり「幻の薬草」なのか?
 廻り館の「佐々木さん」の行者ニンニクに取組に期待し、新たな南三陸町の産品の芽吹きに!
| 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2009-08-14 (Fri)

1日フィシングパークで甥が釣り上げた「鯛」を13日に料理した。
 初挑戦ながら上手に我ながらできた。寿司屋でたまに出る「湯引き」にした。凍っていたいたものを解凍に2匹の「アイナメ」と一緒にさばいた。
 料理は昔から好きで「男子厨房に入ろう!」派である。出刃包丁もあるし、友達の調理師から包丁を貰ったが、もったいなくて使えない。ぐらい料理が好きだし食べるのも好きです。
 どんな小さな魚とて「食べて上げる」のが、供養。生きているものから力を貰っている。
| 未分類 | COM(0) | TB(0) |

2009-08-13 (Thu)

紫・黄・白の露地物の菊を大雄寺の墓地下の、中瀬町で綺麗に咲いていた。菊の大輪といして「JA南三陸」でブランド菊「黄金郷」として、全国へ発信している。
 中国・韓国・・・などからの「輸入菊」で価格が下落し、取り組む「花卉部会」でも新たな取り組みで価格の上昇を計っている。中国はコピー菊で、新種の真似の出来ない菊の新たな発掘を試みている。
 町の菊の自給率は100%だろう。今後の需要の拡大が求められる。
 今朝の「盆市」では蕾の菊が町内あっちこちで、販売されている。確かに安いと町外の人達は驚く。14日の「墓参り」の時には、色鮮やかな菊が墓地を埋めつくします。
| 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2009-08-12 (Wed)

海の食いしん坊であす。釣りに行くと船の周りを飛び回り、おこぼれにありつこうと私達を見つめる。雑魚のギンポ・しまカジカ・・・など、を海面に放ると争って食べる。大きい物も一のみする。あげくのはてには釣りエサの「アオイソメ」まで食べてしまう。
 ホテル観洋さんの窓ぎわで「愛想」を振りまき、湾内クルージングの船の周りで「えびせん」を手から取り食べる。志津川湾のマスコットでもある。
 こんなに多く乱舞しているのも、海の恵みの豊富さからなのだろう。是非来町しかもめに手渡しでエサをやってみて!しかし「むずかしいかも」、船かならOK!
 
| 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2009-08-11 (Tue)

ねばねばで有名な「モロヘイヤ」を見つけました。東京の大島の特産?のような気がするが、農家の人達は「新野菜」を見つけると挑戦をする。
 昨日も宮城の内陸で作られている「生で食べても甘いトウモロコト」の話をきいた。やはり貴重な「種」を他に出さないという。まさにブランド化にしている。
 おくら・モロヘイヤは「夏ばて」の滋養栄養の供給には、今欠かせない「ねばねば」効力がある。とにかく産直は見ていると新しい発見がある。「桑茶」も見つけた!
| 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2009-08-10 (Mon)

久しぶりに大雄寺の檀信徒会館での葬儀だった。入谷林際の「高貞」さんは、昔から本吉地区の仕出し店として有名で、持ち運んでの料理の数々に大満足させられる。
 あまりの美味しさに写真の撮影も忘れてしまった!「くるみ餅」「かぼちゃとすり身」は大好評で、他にも「そば」「うなぎ」がついている。天麩羅・刺身・味つけご飯とまだまだ品々がでてくる。
 女性の方たちの4人前後で、会場でこんなに沢山の料理を客に提供している。お寺の会館での式もまた格別のものがあり、故人を偲ぶに相応しい会場料理です。
 素晴らしい「店」に感謝!
| 未分類 | COM(0) | TB(0) |

2009-08-09 (Sun)

「冷夏で野菜高騰!」の報道が聞かれるが、南三陸町志津川「入谷産直」は夏野菜のカラフルが色が、いっぱいです。
 先週食べた「とうもろこし」のあまりの旨さにまた足を運んだ。大盛況でお客さんが入れ替わりを続け、農家のお母さん達の持ち寄った野菜が、店頭に並ぶと同時に買い求められていた。
 トウキビ・キュウリ・いんげん・トマト・キャロット・パプリカ・みょうが、これだけ買って「1270円」!こんなに安いんです。町からの高齢者の足「車」を出したら、来客が倍増と思うがどうでしょう?
 私も「菜食主義者」になれるかも?こんなにも美味しい野菜に囲まれたら。
| 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2009-08-08 (Sat)

釣り好きの私にはこの一品はマスターしなければならない。「カレイのあんかけ」です。駅前の「居酒屋いしだ」での運動のあとの食事で出てきた。
 志津川湾の釣りは「カレイ釣り」が主体で、運に恵まれると10枚近くは釣れる。歌津の釣り船で80枚・100枚釣ったと話を聞く。
 中型の物を唐揚げに、2度揚げして骨まで食べられる様にし、後は旬の野菜を甘辛く煮て掛けるるだけ、簡単に出来る。釣った物はしっかり最後まで味わう。釣り人の「ルール」です。
| 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2009-08-07 (Fri)

南三陸町の新たな産品になるかも知れない「行者ニンニク」の生産・販売に取り組む、廻館「教室」の佐々木光之さん。ホームページ・ブログで全国に「行者ニンニク」を発信している。
 昨日も素晴らしい出会いの報を聞くことができた。宮崎県宮崎市の「株式会社ラクテル」さんによる行者ニンニクパンの開発販売が好評だったと!北海道より生葉を仕入で送ってまもなくの商品開発、この敏速さに驚いた。
 トレイサビリティーラベルの開発に取組、生産者の物と顔をデーターにするシステムの開発をしている。町の産品にこのシステムを導入する事で、消費者が求める「安全安心」に繋がる。
 こうした他県との商品の交流が、観光の発展につながると期待する。
| 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2009-08-06 (Thu)

しばらく「刺身」を食べていないと、「マルセン南町店」さんへ、お刺身コーナーへ「あった」。いか・たこ・ヒラメのえんがわに混じり「かつをのたたき」が。
 今年初めてのかつをです。たたきにはまって25年になるが、臭みがなく芳ばしくいくらでもいける。カツオの北上とともに、三陸沿岸にきたものだろう、脂ものっていた。
 ホテル観洋さんでも、「カツオ」をメインにした宿泊企画とある。夏から秋、また魚の美味しい季節がやってくる。
| 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2009-08-05 (Wed)

気仙沼の「ホルモン」が全国的に有名になりつつある。市を挙げ商工会議所の青年部の纏まりが、発信の力を増強している。楽天イーグルスのKスタでも出店しアピールをしている。
 多くのスタッフが一つとなり「企画・立案・展開」が発信のカギとなる。ホテルレストランで「三陸涼ラーメン」なるものを見つけた。まだ喰していないが、新しい三陸からの発信が嬉しい。
 「うに丼」が南三陸町の名産品として町内各店の魅力を発揮している中、また新しい商品開発がでた事により今後が楽しみ!商店の開発に商工会・町の後押しをよろしく。
| 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2009-08-04 (Tue)
本吉町「いさみや」さんの銘菓「大島まんじゅう」です。9月には気仙沼市との合併となりますが、気仙沼の大島と勘違いされないか心配。
 仕事で本吉にしょっちゅう行っていたときに、役場前の「いさみや」でお土産に買い求めていたのがこれでした。もう30年ぐらいは経ちます。
 茶色のうす皮に「こしあん」の甘さが丁度マッチしている。本吉の名産品「銘菓」です。現在はバイパスができ商店街を通らなくなり、なかなか喰にありつけない。馬籠の方への写真の御礼が「大島まんじゅう」でした。んー美味い!
| 未分類 | COM(0) | TB(0) |

2009-08-03 (Mon)

志津川湾には「鯛がいる!」。荒島パークに隣接する堤防に「志津川フィシングパーク」がある。気軽に海釣りができる。波が高い時・釣り船が無い・高い時などに、ふらっと行って釣ることができる。
 地元だが風景は見ているが、体験は初めて「鯛は海老で釣る」当たり前だか、そんな釣り場把握なしに、受付のエサのイカで頑張った。隣客は何枚も鯛を釣り上げていた、やっぱり「海老」だった。
 鯛は別料金で2千円(2匹を超えると別料金)。以外と多く釣れいた。隣客が鯛をくれると言う、料金が加算される為だろう、釣りは引きを楽しむものと感じた!
 明日は「鯛の湯引き」に挑戦だ。釣り堀へは「アオイソメ・エビ」の準備を!
| 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2009-08-02 (Sun)
南三陸ホテル観洋の「あわび躍り食い」を体感した。20人の宴会場には20個のあわび焼きの器が並んだ。自分の前にもあり蓋を開けると、おとなしくなったあわびがあった。やっぱり大量のあわびの必要性から、生きたものを準備は無理なのかと思いきや、隣の蓋をあけたらあわびが蓋に張り付いて、すごく元気が良かった。
 バターとレモンを焼き上がった「あわび」に、ぬりかける。新鮮美味・また柔らかく・肝がまたイイ味をだしていた。
 ウニもとげの殻にいっぱい詰められていた。あまりの美味しそうなお膳に「写真」わ撮るのも忘れた。相変わらずの「食いしん坊」です。
| 未分類 | COM(0) | TB(0) |